ココロ*じかん

ダイソーの木製プレートでWelcomeプレート

ダイソーで購入した木製のプレート。(W25cm×H12cm)
これにペイントしてWelcomeプレートにしました。
濃淡の紫の紫陽花がメインです。













Noel

今日はトールペイントレッスンの日でした。


初夏から取り組んでいた「Noel」が完成しました。
今年のクリスマスに間に合った(笑)。




文字の上などに雪も積もっています。





先日作った ダイソーのウッドボックス を横置きにして、
その上に Welcome を置いてみたらピッタリ。















ダイソーのウッドボックスをペイント

ダイソーに売っている↓このウッドボックス。
本体部分と引き出し部分はそれぞれ別売りです。
今回この右側の4つの引き出しのほう(500円+税)を購入して、ペイントしました。




鈴木恵先生の作品で憧れの木製の引き出しボックスがあり、
それっぽい雰囲気のものを描いてみたいな~と思って。

図案は今までのレッスンのものを使いました。



完成したのがコチラ。

置く場所的に考えて、縦置きにしているけれど、
正方形の引き出しなので、横置き用にも変更可能です。








置き場所は、カウンターのココに。
作品が並べてある所なので問題なく馴染みます。




このボックス、4列だから4段をボンドなんかでくっ付けたら、
それだけで立派な引き出しボックスになるな~と思いました。












障子を使ってペットドアを作る

DIYで犬猫と人との生活快適化を久しぶりに実行です。
制作途中とかビフォーはないです(笑)。


使っていない障子を利用して、ペットドア付きの引き戸にしました。

リビングと隣の部屋との間の引き戸、ここは左側の茶色のドアが2枚でした。
みんなが出入りできる15cm位だけ開けているのだけど、
夏はいいとしても、冬が結構スースーして寒いのです。


元々のドアは、障子と同じサイズなので、障子紙をキレイに取って
(糊部分を水で濡らすとキレイに剥がれます)、
格子の部分に強力両面テープを貼り、プラダンを貼り付けました。

一晩だけ障子紙の状態で置いていたけれど、のあが何ヶ所か穴開けました・・・(笑)。
プラダンだと破かれる心配ないです。



完成!
リビング側から。

下の隅だけ、みんなが通れるようになっています。




その部分は、閉め切れるようになっています。




裏側から見た様子。




普段は出入り自由だけど、たまにこっちに来てほしくない場面もあるので、
スライドレール(強力両面テープで固定)を使って、一時閉め切りができるようにしました。






ペットドア部分は、厚さ1.0mmのテーブルクロスを、ネジ留めしてあります。
この部分が開いたままだと冬は寒いだろうから、これでだいぶ軽減されるはずです。



裏側からこんな感じで留めているけれど、
たまたま家にあったプレートとネジのセットがあったのでそれを使いました。
普通にネジで数ヶ所でもいいと思います。




まだ恐る恐るだけど、のあるなは、なんとかくぐれるようになりました。





・強力両面テープ
・プラダン
・スライドレール
・テーブルクロス           で、費用は1,000円ちょっとでした。














新幹線で浜松直虎の日帰り旅

今年の旦那の夏休みは1週間遅れでスタートしたので、
夏休みの旅行に行ってきました。


今回は、
・息子を新幹線に乗せてやろう
・でも、のあるなの事を考えると、今年は泊まりは無理なので、日帰り

それならと、大河ドラマの今年の舞台で、日帰りで行ける浜松へ新幹線で行くことにしました。

浜松と気賀に行って、夕方の新幹線で帰ります。


色々と調べているうちに、現地でのバスツアーがあったり、
ツアー会社でお得な値段のセット商品があったり。
結局、「JR東海ツアーズ」で、
新幹線(往復)+浜松市内電車バスフリーパス+クーポン付きガイドマップ
というものを大人1人12,000円位で購入できました。
初めてツアー会社を利用したけれど、自力で手配するよりも、かなりお得な値段です。
(自力で取ると、新幹線+フリーパスで20,000円弱)
こういうのも面白いな~と思いました。



8/21(月) 当日は、朝5時前に家を出発。
駅まで遠いので、駅に行くまででバテました・・・。
日帰りだから、荷物はほぼ普段の外出と変わらないのが救いです(笑)。


7:03発のN700系新幹線で出発です。
先頭車両で記念撮影です。






「速い!」と初体験に驚きつつ、朝食を食べ、
美味しいと評判だというアイスクリームをワゴン販売で買って食べました。



雲が多かったので、残念ながら富士山は見られませんでした。
1時間半で浜松に到着。
昨夜あまり寝られなかったので少し寝たかったけれど、結局無理でした。
なんだかあっという間に着いちゃうんだなぁ・・・と(笑)。




その後、東海道本線→天竜浜名湖鉄道と乗り継いで、1時間半弱で気賀に着きました!
気賀駅は、赤くラッピング(?)されて派手でした!(笑)
直虎ブームで盛り上がってます。








駅から↑の線路を渡ってほんとにすぐ目の前に、「大河ドラマ館」があります。
(入場料のチケットブースは、入口(この写真だと向かって右側)と反対側の少し離れた所にあります)



中は、一部を除く大多数が撮影禁止です。
撮影禁止・再入場不可にしてはちょっと高いかな・・・。
先着順でレジャーシートをもらいました。



中の撮影可能なスペースには、主要出演者の等身大パネルがありました。

井伊直虎


小野政次


龍雲丸


にゃんけい(猫)もいました(笑)。



井戸の中に手をかざすと、水の映像が反応して動く仕掛けでした。





ドラマ館からすぐのところにある、気賀関所。






お約束のコレ(笑)。




関所の中の出店でたまたま、
名物だというもんじゃコロッケの無料配布をしていたので、1つずつ頂きました♪




コロッケを食べた後、ドラマ館と関所の間にあるバス停に行き、
今度は龍潭寺へ向かいます。
今年1年間限定の龍潭寺行の臨時バスは、
ご当地キャラの直虎ちゃんと家康くんのラッピングバスでした。
龍潭寺までは10分程です。




















前日の日曜日の放送で、龍潭寺の墓所も出ていたけれど、
本当に政次のお墓はなくて、弟の玄幡や、新野・鈴木・中野等々のお墓がありました。
ここにあの人たち(のモデル)が居るのか・・・と思うと不思議な感じです。

↓は井伊家のお墓。
左の奥から2番目が直虎のものです。






墓所を過ぎて少し歩いたところにある、井伊谷宮。




龍潭寺のお土産屋さんでお買い物をして、バスで気賀へ戻りました。



本当は井伊谷の他のところにも行けたら良かったけれど、
少し歩くところが多くて、蒸し暑い&疲れてきたので、もう無理でした・・・。

気賀から浜松駅へは、乗り換えなしのバスに1時間乗って戻ってきました。


14時に浜松駅に着いて、少し遅めのお昼ごはんに。
浜松と言えば「浜松餃子」。
石松餃子のエキナカの店舗で餃子定食を食べました。
3人で30コをシェア。

他の人が頼んでいて美味しそうだったので頼んでみた「三ケ日みかんジュース」は
めちゃくちゃ美味しかった~♪ みかんの絞り汁って感じで濃厚♪









お腹がいっぱいになった後は、バスに乗って、浜松城へ向かいました。
バス停からだと微妙に歩くし、石段がたくさんで、体力消耗している体にはキツかった・・・。











ここでもやっぱりコレ(笑)。





帰りの新幹線までまだ少し余裕があるので、
浜松駅の手前でバスを降り、「出世の館」に行きました。
ここにも直虎の特別展があります。



前日の放送回「嫌われ政次の一生」の最後のクライマックスシーンを放送していました。
龍潭寺の売店でも流しているのを見たけど、どこでもみんな足を止めて見入っています。
悲しいけどすごい良い回だったもんなぁ・・・。世の中きっと「政次ロス」でしょうね(笑)。



ゲームの「BASARA」の展示もあって、衣装とか刀を使って自由に撮影できたので(笑)。




気賀の大河ドラマ館に置いてあった、直虎どーもくん。
「欲しい!」と思ったけれど、何か所か見たお土産屋さんにはなく。
そしたら、ここの売店にありました~♪
しかも、真田丸どーもくんまで!(笑)  こんなのあったのか!
両方とも買って帰りました(笑)。
手前の直虎ちゃんキーホルダーは、ここのガチャコーナーでゲット(笑)。
そして、缶の三ケ日みかんジュースがあったので、また飲んじゃいました♪






18:11の新幹線で帰路に着きました。
家に着いたのは、21時。
帰りは最寄駅からはさすがに歩けないので、タクシーで帰ってきました。


浜松城のお土産屋さんで買った直虎ちゃん人形を手にご満悦の息子(笑)。
嬉しかったらしいです(笑)。




合計16時間の日帰り旅行でした。


事前に、電車バスの時間を調べてタイムスケジュールを組んだけれど、ハードでした(笑)。 
夏じゃければ、そこまでハードに感じなかったかもしれないけど。
1泊できれば、浜名湖周辺の観光もできたけどな~。
でも、ハードで疲れ切ったけれど、去年に続いて、
その年の大河ドラマゆかりの地を訪れることができて良かったです。
来年は西郷隆盛だから、さすがに鹿児島は無理かなぁ・・・(笑)。











今日のお庭

庭も玄関側もアプローチも、雑草がすごくて、蚊もすごくて、
見て見ぬ振りをしてやり過ごしてきたけれど、そろそろ限界なボーボー具合。
昨日・おとといは気温も高くなかったので、2日掛けてお掃除をしました。

雑草を抜いて、枯れているものを撤去して、なんとか見られる程度に回復しました(笑)。


お花はほぼ無い、グリーンだけのお庭だけど、
こういう雰囲気、落ち着いていてやっぱり好きだな~♪と思うのでした。





ビオトープには、今年も7月初旬頃から、すだれを掛けてあげています。


少し前までは、紫陽花とビオトープのコラボでした。
この光景、毎年の楽しみです♪















のあ ワクチン接種

のあの猫ワクチンをしに動物病院に行ってきました。
カートに入れられて、不安で鳴きまくる(笑)。

あっという間に注射されて終了でした(笑)。


体重 : 4.7Kg

大型種らしく、着々と増えています。
でも、増え方もスローになってきてるし、1歳も過ぎてるから、
そろそろ落ち着いてきてくれるかな。










野バラのアクリルトレー&贅沢ランチ

昨日は、月イチのトールペイントレッスンの日でした。

今月のレッスンは、お楽しみ素材ということで、
ニトリのアクリルトレーに白一色(2種類の白を使用)で野バラを描きました。

トレーは40cm×30cmで大きめサイズ。
普段の配膳にも使い勝手が良さそうです。
(こんなにオシャレな食卓ではないけれど・笑)

大きさがあるので、結構、描き甲斐のある作品でした。
たくさん描けて楽しかったけれど(笑)。





描き終わらないかも~!と思ったものの、なんとかギリギリ描き終わりました。
帰宅後に、ニスで仕上げました。

アクリル素材のペイント、涼しげで良いですね♪
素材的にも好きです♪



✼ •• ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ •• ✼



レッスンの後は、先生とみなさんと、
同じ市内のレストランに移動して、ランチに行きました。
私には贅沢なランチでした(笑)。

全てのメニューが美味しくて、でも特にふわふわのパンがお気に入りでした♪
何度かサーブしてくれてその度に、素材やハーブの味が美味しかったです♪
お持ち帰りコーナーで、パンを1種類購入して帰りました。

お店の外観も店内も、そしてお庭も素敵でした!
こんな家に住みたい(笑)。














フィラリアワクチン*ここみく

ここみくを連れて、実家近くの動物病院へ。

爪切りもしてもらった。







今更だけど、今年のバラ & α

かなり今更だけど、我が家で今年咲いたバラです。(モッコウバラ除く)

去年から今年に掛けて、全然手を掛けていないので、
当然のように、全体的に貧弱です・・・。


玄関のパレード(下の濃いピンク) & ボニー(上の薄いピンク)



パレードはステムが長い事をすっかり忘れていたので、ビヨ~ンと伸びた姿に。

濃いピンクだけど、こうして見ると、透明感のあるピンクです。



去年は両方の花期がピッタリだったので期待していたのだけど、
今年は満開の時期がズレました・・・。
パレードがうなだれ始めた頃に、ボニーが満開に。




庭の、ラレーヌビクトリア
色合いはパレードに近いけれど、こちらはコロンとした花姿が可愛らしい。






ピエール・ド・ロンサール
今年は花持ちがイマイチに感じました。




これは・・・たぶん、クイーンエリザベスだと思います。
3輪程しか咲かなかったけれど、淡い色合いがキレイでした。
(写真見て気が付いたけど、花の中に芋虫が・・・)




今年は、
レオナルド・ダ・ヴィンチ
ディスタント・ドラムス
バフ・ビューティー
ボレロ  はほぼダメでした。



バラ以外のお花。

オンファロデスは、結局、
日陰の北側の玄関脇に植えた一株が一番キレイに咲いてくれました。
庭に植えた数株は、なぜかヒョロヒョロでイマイチ。
この一番キレイな一株から種採りをしようとして現在、袋掛けしています。




オルラヤ
去年植えた一株のこぼれ種からのもの。
今年も種が出来るようにと現在、種が茶色くなるのを待っています。




レースフラワー
ふわふわの可愛いお花が咲きました。
すごい背高に育って、最終的には180cm位になりました。
クレマチスのアーチのすぐ隣に植えたので、
伸びていくうちにクレマチスの茎で何か所も固定されていて、
最後まで倒れる事なく咲いてくれました。
こちらも種採りしてみました。






ラベンダー2種。

庭の軒下花壇のラベンダー・デンタータ
挿し木したものがここまで巨大に成長しました。




こちらは、レースラベンダーかな?
玄関に置いているけれど、コンパクトでとても良い香りです。
お花の形も色合いも好きです。














Copyright © みゆき