ココロ*じかん

障子を使ってペットドアを作る

DIYで犬猫と人との生活快適化を久しぶりに実行です。
制作途中とかビフォーはないです(笑)。


使っていない障子を利用して、ペットドア付きの引き戸にしました。

リビングと隣の部屋との間の引き戸、ここは左側の茶色のドアが2枚でした。
みんなが出入りできる15cm位だけ開けているのだけど、
夏はいいとしても、冬が結構スースーして寒いのです。


元々のドアは、障子と同じサイズなので、障子紙をキレイに取って
(糊部分を水で濡らすとキレイに剥がれます)、
格子の部分に強力両面テープを貼り、プラダンを貼り付けました。

一晩だけ障子紙の状態で置いていたけれど、のあが何ヶ所か穴開けました・・・(笑)。
プラダンだと破かれる心配ないです。



完成!
リビング側から。

下の隅だけ、みんなが通れるようになっています。




その部分は、閉め切れるようになっています。




裏側から見た様子。




普段は出入り自由だけど、たまにこっちに来てほしくない場面もあるので、
スライドレール(強力両面テープで固定)を使って、一時閉め切りができるようにしました。






ペットドア部分は、厚さ1.0mmのテーブルクロスを、ネジ留めしてあります。
この部分が開いたままだと冬は寒いだろうから、これでだいぶ軽減されるはずです。



裏側からこんな感じで留めているけれど、
たまたま家にあったプレートとネジのセットがあったのでそれを使いました。
普通にネジで数ヶ所でもいいと思います。




まだ恐る恐るだけど、のあるなは、なんとかくぐれるようになりました。





・強力両面テープ
・プラダン
・スライドレール
・テーブルクロス           で、費用は1,000円ちょっとでした。














小窓の猫脱走防止対策

2階の納戸部屋の、キャットタワー付近の3つの窓への脱走防止対策をしました。

最近少しずつ、暖かい日も出てきたので、
ここの窓を日中ずっと開けっ放しにしたい日も。
換気のために少しの間だけ開ける分にはいいけれど、ずっととなると心配なので、
本格的な春を前に対策をすることにしました。

↓ この3つの窓、真ん中は開かないタイプです。
ここから、のあ・るなはお外を見ています。

左右の2つの窓は、開閉できて、スライド式の網戸もあります。
もし何かの拍子に網戸が開けば、外(屋根)に出られてしまいます。

脱走対策を色々調べているうちに、うちと同じタイプの窓を対策しているブログを発見。
マネをさせてもらいました。






突っ張り棒は、ダイソーで1本200円でした。
太さも安い割には太めのものです。(耐荷重5Kgのもの)
いつもはニトリで買っていたので、安上がりでラッキーでした♪

窓に2本の突っ張り棒をして、100均のワイヤーメッシュを結束バンドで留めました。
ワイヤーメッシュ1枚は、それをペンチで半分の長さにカットしました。
半分は上のネットからぶら下げてドアに。
(1窓につき、全部で2枚のネットを使っています)
カラビナを鍵にしているので、開けられる心配もありません。



ここを上げると、窓の開閉ができます。



春・夏・秋はここを開けっ放しにして室内干しもするので、
これで心置きなく窓を開けられます。








ペットのキッチンカウンター侵入防止柵をDIY

先日の キッチン侵入防止ドアのDIY に続き、
次は、キッチンカウンター側にも侵入防止対策をしました。
入口が無理なら、無理してでもカウンター側から来ちゃうと思うので・・・。

実際、るなが無理やりジャンプしてきて、スローモーションのように落ちていきました・・・、
カレーライスと共に・・・。
お皿は割れ、下にあったトールペイントの作品たちも一部が壊れ、
しかもカレーライスが掛かり飛び散るという、とっても悲惨な状況に・・・。



もしここにDIYをするなら、棚を作って飾り棚にしたいと前から思っていました。
それをイメージして、HCで木材・ディアウォール・ポリカプラダンなどを購入。


ディアウォールを使って縦の柱を立ててから、
ディアウォール専用棚受を使って横板を固定しました。

木工DIYができない私にとって、ありがたい道具です。





横板まで固定出来ました。
一段の間隔は30cmにしました。

固定前に、超強力両面テープを柱の裏側(キッチン側)に貼ってあります。
そこに、ポリカプラダンを裏側からテープに押し付けて貼り固定しました。

今回は、費用を安く収めるために、プラダンを横向きに使いました。
プラダンの模様(?)そのままの縦に設置するなら2枚必要だけど、
横向きで使うと1枚だけで済みました。



一番下のプラダン無しの部分は高さ40cmで、
ワイヤーメッシュと突っ張り棒を使って開閉式に。
左側は配膳用スペースとして利用。
右側は小型水槽が置いてあります。


出来上がった飾り棚に、トールペイントの作品を飾りました♪





板の奥行きが約9cmなので、あまり大きなものは飾れないのが少し残念・・・。
奥行きが15cm位で値段が安い物があれば良かったのだけど、良いのがなく断念。



キッチンのDIY全景がこちら。
塞がれた圧迫感は否めないけれど、色合い的にもそれなりに満足です♪
ペンキ塗りが正直面倒だったけれど、頑張って白にして正解でした♪





ちなみに、もうひとつ工夫したところが。
それは、水槽の猫対策に置いたスチールシェルフです。

のあがうちの子になってから、イタズラされたり溺れたりしたら怖い・・・と思い、
なんとか水槽に近づけないようにできないか・・・と考え、
サイズ的&強度的に考えて、ニトリのスチールシェルフを置いていました。

ただ、横のサイズは良いのだけど、高さが90cmと高すぎて邪魔でした。
まさか自分でカットできる方法があると考えてなかったので調べもしなかったのだけど、
今回のDIYのために、せっかく棚で飾ってもスチールシェルフがあったら邪魔!



よくよく調べると、金属をカットするパイプカッターが安価であることを知りました。
早速購入してやってみたら、足のパイプ4本で30分位でキレイにカットできました!
バリもほぼ無くキレイな仕上がりです♪
↑ のカウンター全体のDIY完成写真のように、飾り棚に邪魔にならず良い感じに。



カットした上半分は、キッチン内でパンやお茶を置いておく棚として再利用♪
ちょうどそういう棚を買おうかと考えていたので、新たに買わずに済みました(笑)。







------------------------------------------------------
今回用意したもの     費用 約8,500円
------------------------------------------------------
・ 2×4材(6寸)  2本  → HCで、127cmにカットしてもらった
・ 1×4材(6寸)  3本  → HCで、155cmにカットしてもらった
・ ディアウォール 2セット
・ ディアウォール専用棚受け  3セット
・ ポリカーボネートプラダン(透明 182cm×91cm×3mm)  1枚
・ 超強力両面テープ(硬化塩ビOKのもの)  1コ
・ ワイヤーメッシュ(セリア) 51×41cm 2枚  40×30cm 2枚
・ 突っ張り棒(セリア)  2本



ドアと棚で2万円掛からないで出来たら、まぁまぁかな。












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可〒】SK11 パイプカッター PC-22 配管工具
価格:550円(税込、送料別) (2017/1/14時点)












ペットのキッチン侵入防止ドアをDIY

のあ るな 2人とも、とても食いしん坊で、
キッチンに入ってきては上に登るし、シンクの中にも入ってしまって、
1日に何度も「ダメッ!」と叱っている日々です・・・。

ここ みく の侵入防止のためのペットゲートでは、
猫には軽々突破されちゃいます。
りおは、キッチンに上がる事はなかったので、
ほんとにりおの手の掛からなさがよくわかります(笑)。



今回は、この場所に、キッチン侵入防止のためのドアを作ります。
設置すると狭くなるし不便もあるので、しばらく悩んでいたけれど、
毎日怒っているのも疲れるので、とにかくやってみることに。


今回、ドアを設置するのに使うのは、障子の枠です。
この家を買った時、入居前に業者に、
リビング横の和室をフローリングにリフォームしてもらいました。
その時、外した畳と障子枠をずっと使わずに、納戸部屋にしまってありました。
軽くてサイズもピッタリ。素人DIYにはちょうど良いです。

調べてみると結構、リメイクして使っている人が多いので、とても参考になりました。

障子紙は、濡らしてしばらくするとキレイに剥がせるという事でやってみたら、
ほぼキレイに剥がすことができました。桟だけになりました。




そして、この障子枠と、ドアを設置するための2×4材を、
ミルキーホワイトの水性ペンキで白くしました。
ホワイトウッドの薄い茶色と、障子枠の色合いがほぼ同じだったので、
白くしなくてもいいかな・・・とも思ったけど、白く塗ってみたらやっぱりこのほうがいい♪




ペンキが乾いたら、障子枠の障子紙を貼る側じゃなく、
表側のフチの部分にプラダンを置いていきます。
ピッタリサイズになるようにプラダンをカッターでカット。
桟の部分に、超強力両面テープを貼っていき、そこにプラダンを置いて固定。

こちら側に貼る事で、桟を猫が登る心配もないので良かった。



障子枠の高さが200cmだったので、182cmのプラダンでは高さが足りず・・・。
上の方は、余った横幅部分を、足りない高さの同じサイズで5コカットして、
それを横1列にセロテープでくっ付けていきました。
まぁ、人に見せるものではないので、上で目立たないし、これでいいです(笑)。




ディアウォールを使って、キッチンの入り口の間口に柱を立てました。

障子枠を、蝶番を使って柱にくっ付けてドアにします。

今回色々と調べている時に知った、フラッシュ蝶番というものを使いました。
厚みが薄いので、木材に溝を掘ったりしなくても使える蝶番とのことです。
大きい方を柱側に、内側の小さい方をドア側に取り付けました。




ドアを取り付ける時は、2人でやった方がいいそうだけど、
息子しかいなくて役に立たないので、こんな方法でドアを固定。
ちょうど良い高さの小皿を2コ使いました。割れなくて良かった(笑)。
なんとか上手く取り付けすることができました。






そして!
なんとかどうにか、ドアが完成しました~!

リビング側から。



キッチン内から。



ポリカプラダン(透明)は、思ったよりも透け感があり、良い感じです♪
擦りガラスのドアみたい♪

るなが、「入れて~!」って、プラダンに手を掛けたら、
ピンクの肉球がキレイに見えて可愛かったです(笑)。


ドアの取っ手はセリアのものを両側に。
本当はネジ留めするタイプだけど、ドアに厚みもあり無理なので、
接着剤で取り付けしました。
でも1度、力を強く入れたら外れた・・・。何か対策考えないと・・・。




壁寄りの一部段差になっているところは、配膳のために使うので開閉する必要があります。
壁近くに縦に突っ張り棒をして、セリアのワイヤーメッシュ(51×41cm)を2枚、
結束バンドで組み合わせて壁にしました。

配膳するスペース分は、40×26cmのワイヤーメッシュでドアに。
上部分を、結束バンドで3ヶ所留めて、上開きにするドアにしました。

が、ここは、改良する可能性ありです。
ドアの開き方もそうだし、素材も変更するかもしれません。




障子枠のドアは、手を離せば開いていってしまうのと(ちゃんと水平じゃなから?)、
犬猫が勝手に開けないようにするために鍵または簡易的なロックが必要です。

一応鍵を取り付けしたのだけど、ここは失敗しました。
まっすぐネジが入らなかったのか、取り付けたはいいけれど鍵が回らず・・・。

元々この鍵も使い勝手が良さそうとは思っていないのだけど、
売り場に良いのがなくてこれにしたのでした。
何か別の方法はないかと考え中です。

できたらマグネット式で、人の力だと開くくらいの強度のものがあるといいのだけど。
(人がヒジでドンッてしたら開くタイプとか・笑)
手で回す必要のある鍵だと、
犬猫トイレの処理などをした時に、両手が空いてないのでドアが開けられない(笑)。






まだまだ改良の余地はたくさんあるけれど、パッと見はまあまあ(笑)。
木工DIYはできない私にしては、なんとか頑張りました!

金具の取り付けも、インパクトドライバーは持ってないので、
IKEAの電動ドライバーでやりました。




※ 続いて ペットのキッチンカウンター侵入防止棚をDIY しました。
 




------------------------------------------------------
今回用意したもの(ドア部分のみ)   費用 約8,000円
------------------------------------------------------
・ 障子枠(200cm×82cm)  1枚
・ 2×4材(8寸)  2本  → HCで、236cmにカットしてもらった
・ ディアウォール 2セット
・ ポリカーボネートプラダン(透明 182cm×91cm×3mm)  1枚
・ フラッシュ蝶番(76mm) 2コ
・ 取っ手 (セリア)  2コ
・ 超強力両面テープ(硬化塩ビOKのもの)  1コ
・ 鍵
・ 水性ペンキ(ミルキーホワイト) & ハケ















Copyright © みゆき