ココロ*じかん

みおがうちの子になった日

mio-m048.jpg

今日でみおがうちの子になってから丸9年(かな?)です。
GWにみおと出会いました。
9年かぁ・・・。長いような短いような・・・。

まおみおのブレスレット

以前もみおのペンダントを作って頂いた
[京都絆屋memory]さん

にお願いしていた、まおみおの遺骨毛を埋封してもらった
ブレスレットが今日届きました♪(*´∀`*)

写真だとわかりづらいのだけど、
表面に遺骨、それぞれの守護石と名前の刻印をしてもらいました。
maomio_bress-01.jpg

こちらは裏面。
両面窓にしてもらったので、こちらは毛を埋封してもらいました。
こちらには、生没日を刻印してあります。
maomio_bress-02.jpg

腕に着けるとこんな感じです。
みおのペンダントと似たイメージのデザインにしてもらったので、
甘すぎない可愛さで本当に素敵に仕上がりました♪
maomio_bress-03.jpg

ちょっとした手違いがあり、パーツの作り直しをしてもらったので、
その分もこちらに戻してくださいました。
その分をネックレスにしてミニ祭壇にセットしてくれたので、
まおみおの写真をプリントアウトして、左側に入れました。
こちらも大事に飾らせてもらいます♪
maomio_bress-04.jpg

オーダーから1年7ヶ月経っての完成なのでたくさん待ちましたが、
待った甲斐のある素敵なモノを作って頂けました♪
またいつか、りおなおの「その時」にはお世話になる予定です。

その他、今回のブレスレットに関する詳しい内容・価格は
メインサイト「ココロ*じかん」→「Life」→「メモリアルグッズ」へ。

*CAMERA* CANON EOS Kiss Digital N

まお2周忌

2008y04m05d_223158261.jpg

今日でまおが居なくなって丸2年です。
早いね。

みおと私が「一心同体」ならば、
まおは私にとって「空気のような存在」でした。

みおはいつも一緒に出掛けられるし、いつも抱っこ抱っこで
くっ付いて離れない子だったし、私のことを大好きといつも訴えていた子。

まおは猫だからいつも一緒に出掛けられたりはしなかったけれど、
22年弱も一緒にいたから、いつも傍にいて当たり前、
いつも存在していて当たり前でした。

まおは猫らしい猫で(りおが猫っぽくないので・笑)、
付かず離れずの距離を保ちつつ、私たち人間のことも大好きで、
いつもクールに見えるけれど実は甘えん坊な猫でした。

2年前、火葬に行く前に、近所の桜並木を通って、
散り始めた桜を見せてあげたことが思い出されます。
その時の気持ちを思い出すと、やっぱりウルウルッときてしまいます。

ダレ?(笑)

旦那に遊ばれた2人・・・(笑)。
nao-n249.jpg

cocoro133.jpg

被らされているのは、パンシリーズのおもちゃでクロワッサンです(笑)。

なお*血液検査・薬 こころ*血液検査・フィラリア

久々に動物病院に行って来ました。
なおの薬がなくなってきたのと、
今月中旬には血液検査をしに行く予定だったので。

なおの様子を聞かれました。
2月はちょこちょこと、吐いたり痒がったり具合悪そうにしていたり。
3月は比較的安定していたかな、と思うけれど、月末に吐く日が少し続いたり。

薬の間隔としては、最長5日か6日間隔位まではいけたのだけど、
それくらいになるとやっぱり痒がる様子があったりしました。
でもそんな様子がありつつも、カサブタは出来ない状態がずっと続いてたのです。
カサブタが出来ないというのはやっぱり嬉しい♪

ここ数日で、ほんのちっちゃいカサブタが数個あったので、
病院に行くタイミングでもあったかも。

2人とも血液検査をして、体重も計ってもらいました。
なお4.53Kgでまた増えてる。
こころ3Kgちょうど。
最近、おうちでは体重を計ってなかったけれど、前からほとんど変わってない。
もうこれで落ち着いてくれるかな? これがベスト体重だといいのだけど。
仔犬の頃の体重差でいくと、なおよりもここちんの方が重かったので、
もしかしてなおと同じくらいに大きくなっちゃうかな・・・と心配だったけれど、
鼻の大きさがなおよりも全然小さいのでもしかして?と期待はしてました。
なおよりもコンパクトに収まってくれて良かった!(笑)


血液検査の結果。
検査項目なお今回なお前回こころ今回こころ前回犬の正常値考えられる疾患(増加)考えられる疾患(減少)
GLU-116mg/dl--75~128糖尿病 慢性膵臓炎
副腎皮質機能亢進
膵臓癌 飢餓
副腎皮質機能低下
BUN9.9mg/dl8.1mg/dl--9.2~29.2脱水・腎障害 心不全
副腎皮質機能低下
タンパク欠乏症 肝障害
CRE0.4mg/dl1.5mg/dl--0.4~1.4副腎皮質機能低下
尿路閉塞 腎障害
T-CHO-147mg/dl--111~312閉塞性胆管疾患
副腎機能亢進症
肝疾患 糖尿病
食欲不振
T-BIL-0.2mg/dl--0.1~0.5肝胆管疾患 溶血性疾患
Ca-10.7mg/dl--9.3~12.1高Ca血症 腎疾患
上皮小体機能亢進症
低アルブミン血症 腎不全
産褥テタニー
IP-2.9mg/dl--1.9~5.0急性慢性腎不全
多発性骨髄腫
骨軟化症
副腎機能亢進症
ALB-3.5g/dl--2.6~4.0脱水栄養失調 慢性肝疾患
GOT27/u/l18/u/l33u/l27u/l17~44肝細胞・筋肉の壊死 溶血
GPT106/u/l83u/l51u/l24u/l17~78肝腫瘍 肝壊死 肝炎
砒素中毒 貧血
ALP
(1
歳未満)
--404u/l611u/l69~333胆汁うっ滞性肝疾患
骨の成長 若齢
ALP
(1
歳以上)
869/u/l660u/l--47~254
TP6.9g/dl--5.0~7.2重度の脱水 感染症 炎症紙球体疾患 肝疾患
Na-143mEq/l--141~152高Na血症 脱水
浸透性利尿剤 糖尿病
下痢 慢性腎機能不全
うっ血性心不全 嘔吐
K-3.7mEq/l--3.8~5.0溶血 下痢 ショック
副腎機能・腎機能障害
摂取不足
排泄量の増加
Cl-110mEq/l--102~117脱水 副腎皮質機能不全を
伴う病気
嘔吐 慢性腎疾患
利尿剤投与時
HT40.5%44%--37~55脱水 多血症貧血
WBC8300/u-8800/u-6000~17000
RBC625万/ul-623万/ul-550~850
HGB14.1g/dl-15.3g/dl-12~18
MCV64.8g/dl-70.1g/dl-60~77
MCH22.6pg-24.6pg-19.5~24.5
MCHC34.8g/dl-35.0g/dl-32~36
PLT50.5万/ul-33.1万/ul-20~50
なお 前回検査 2007/06/01
こころ 前回検査 2008/01/08


ここちんは、ALPの数値がとても下がってる!ヽ(*'0'*)ツ
薬飲んでも600位から動かなかったのに。
精密検査をして肝臓由来100%の数値だったはずだけど、
もしかするとやっぱり若齢の骨の成長も影響があったのかな、と先生。
それと、3月の初め頃から、今までのゲージ生活をやめて、
夜も私たちと一緒に寝るようになったので、それでストレスが軽減されたのかも?
ここちんは、ゲージはけして嫌いではなかったと思うけれど、
やっぱり活発な子だから、今の状態がいいのかな。
この数値まで下がってくれれば、かなり正常値に近づいてるし、
次は1年後に検査で大丈夫でしょう、とのこと。

フィラリアも陰性。

なおは、少しALP・GOP・GPTともに上がってしまったけれど、
ステロイドを飲んでいる範囲での予想範囲内の値ということで、
あまり気にしなくていいということでした。
少し上がってしまったのはショックだったけれど。

ここちんの5ヶ月分の薬と、なおのステロイド20錠・抗生剤10錠、
シャンプー2種(ノルバサン・デュクソ)をもらった。
イッキに薬とシャンプーと血液検査と・・・としたので、大金が出て行ってしまった~。(-_-;)


体重
なお・・・4.53Kg
こころ・・・3.00Kg


診察代
なお
再診料・・・・・500
血液生化学検査4項目・・・・・2000
フィラリア薬・・・・・1000
 (イベルメック×1)・・・・・
内服薬・・・・・2000
 (ステロイド(プレドニン)×20錠)
 (抗生剤(ラリキシン)×
10錠)
こころ
再診料・・・・・500
血液生化学検査4項目・・・・・2000
血液検査 フィラリア・・・・・2000
フィラリア薬・・・・・4500
 (モキシデック7.5ug×4)
シャンプー(デュクソ)・・・・・2100
シャンプー(ノルバサン)・・・・・1600
消費税 5%・・・・・911
合計・・・・・19111

Copyright © みゆき