ココロ*じかん

うちの子たちのブレスレット追加制作

以前から何度もペンダント・ブレスレット・指輪を作って頂いている
【京都絆屋memory】さん

にお願いしていたブレスレットが先日届きました。


素敵なケースに入って、みんなが戻ってきました。



1月になおが旅立ってすぐに、なおの埋封をお願いするついでに、
みくのチャーム部分も追加で制作を依頼していました。

絆屋の地石さんと色々と相談を重ねて、
今まで1連だったブレスレットを2連にして、2連目の先頭にみくの分、
その他4コは、フリーで空けておくことにして、
全部で10コのチャームが並ぶブレスレットを制作してもらうことにしました。

制作が完了して、ブレスレット本体と埋封する物を「いつでも送付して大丈夫」と
地石さんからメール連絡があった1~2日で、りおも旅立ってしまいました。
なので急遽、りおの埋封もお願いしました。

10年前に、初めて地石さんに制作を依頼して、みおのペンダントを作って頂いた時、
完成してペンダントが手元に届いた翌日、まおが旅立ちました。
あの時は「まおがみおが戻ってくるのを待っていたんだな・・・」と思ったものです。
今回もシチュエーションがちょっと似ていて、なんだか不思議な感じです・・・。



実際に着けるとこんな感じ。
8年間、1連で着けていたので、それに比べると少し重いけれど、
着け心地も良く、何よりみんなと一緒なのがとても嬉しいのです♪





表はすでに、まお~みくまで全員、名前の刻印と、誕生石が埋め込んであります。
裏は、旅立った子の分は、生没日時を刻印してもらっています。

両面窓の裏面は、毛を埋封してもらっているのだけど、
なおは毛が一色なので、こんな感じ。



りおは、しましま模様が特徴なので、尻尾のしましまのイメージで配置してもらいました。
再現が素晴らしい!(笑) 模様をいつでも手元で思い出せます。




私だけのフルオーダーのデザインで、とても素敵で可愛いく、
ペンダントもブレスレットも指輪も、とてもお気に入りなのです♪










満開になった花たち

ここしばらくブログを書いていない間に満開になったお花たちです。


玄関のアイアンフェンス。
クレマチス ビューティー・オブ・ウォルチェスター
バラ ピエール・ド・ロンサール







バラ ピエール・ド・ロンサール
重そうにまぁまぁの数咲いてくれました。




玄関脇の東側アプローチの
バラ パレード(濃いピンク) と ボニー(淡いピンク)

ド派手ピンクのパレードだけど意外とキレイで、
小輪でブーケのようにたくさんの房咲きのボニーと一緒だとマッチしています。




ほんとにブーケみたい♪



パレードとボニーの近くにあるラベンダー
去秋に咲いた時よりも、濃くキレイな紫色で咲いています。




バラ レオナルド・ダ・ビンチは、なぜか横一列で咲きました(笑)。




バラ つるアイスバーグ






レマチス エミリア・プラター
良い感じにアーチに絡んでくれました。






クレマチス 白万重
アイアンフェンスから飛び出すように咲いています。






昨秋、初めてジキタリスを植えました。
アプリコットカラーを買ったと思っていたのだけど、淡いピンクに咲きました。
1株しか植えていないけれど、全部で4本咲いた♪




だ゛いぶバラやクレマチスも散ってきています。
庭だけじゃなく、玄関側も新緑の緑がメインの場所になってきています。















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

コメント & 拍手 、大歓迎です。 お気軽にどうぞ。


 
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

りお 虹の橋へ

昨日5/10(火) AM 04:48 りおは虹の橋へと旅立ちました。
18歳8ケ月26日。人間なら90歳。

そして、今日5/11(水) 午後、家族みんなで火葬で送り出してきました。

なおが旅立って4ケ月。
10年前のみお→まおと同じように、
なぜか短い期間でまたお別れの時が来てしまいました。

a-rio.jpg

ここ数年は私の寝ている部屋で一緒に寝る事はなかったけれど、
前日・前々日は一緒に寝ました。
でも、ずっと鳴いていたり、何度もよろよろしながら立ち上がるので、私はほとんど眠れず。

当日も脇にりおをペットクッションごと置いて、
片手はお腹の上に置いて心臓が動いているのを確認できるように。

そうしていたら、4:35頃、吐きそうな動きをしたので起き上がると、
心臓発作か何かのように「ウッ」となった感じで、動きが鈍くなり・・・。
旦那の近くにりおを連れて行き、「もしかするともうダメかも・・・」と。
もうほとんど心臓もはっきりとは動いてなくて、
少し脈打っているお腹の部分がピクピクとしているくらいでした。
1分に1~2度、声にならない「ニャー」を繰り返して、最後が4:48でした。

「ウッ」となった最期の瞬間は苦しんでしまったのか・・・、うつらうつらしている中、
ほんとに一瞬だったのでどうだったかわからないけれど、すごくもがくことはなかったです。

みお・まお・なおの最期は日中だったので、私1人で看取ってきたけれど、
今回は明け方だったので、初めて旦那もその瞬間に立ち会う事ができました。
息子はまだまだ夢の中だったけれど(笑)。
りおは、私と旦那に撫でてもらいながら旅立ちました。

なおと同じようにカゴに入れて、リビングに置いているのを見て、
朝起きてきた息子は「りお、死んじゃったんだね」と言っていました。

rio-g058.jpg

3~4日前を最後に、ほとんど食べられなくなっていて、
2日程前には水も自分で飲めなくなっていました。
お腹空いていただろうな・・・喉もすごく乾いていたと思います。
亡くなる前日は、食べ物は無理でも、せめて水だけは・・・と思い、
ティッシュに水を含んで、口に当てて少し絞って湿らせてあげたりしました。

もうほとんど自力で移動できなくなっていて、たまに起き上がっては2mくらい移動して
そこでコテンと横になって休む・・・をずっと繰り返していました。
ここ数日、何度も水飲み場にも行っていたので、飲みたかったんだと思います。
高さを変えて飲みやすくしてあげてもだんだん飲めなくなっていて、
諦めてその場で横になってました。

段々と力もなくなってきていたので、いつもうるさいくらい大きい声で鳴いていたのに、
鳴く声もかすれてきて声にならなくなってきていました。

横になっているりおの心臓がちゃんと動いているのを確認する1日を過ごしていました。

rio-g055.jpg

私は猫を飼っている途中から猫アレルギーになってしまって、
触った手で目を触ると、目の中の粘膜が腫れてしまうので、
普通よりたくさん抱っこして上げることができなかったように思います。
最後の1週間は、今までの分もたくさん抱っこして、そばにいました。
でもこの間、猫アレルギーは出てない・・・。
たまたま目を触っていないのか・・・それとも、猫アレルギーがいつの間にか治ってる?!

rio-g056.jpg

送り出す時は、りおの大好きだった「銀のスプーン」の個別包装の美味しいカリカリと、
煮干しを持って行って、お花と一緒に送り出しました。
お花で飾った時、息子が妙に可愛くお顔にお花を置いたり、
背中沿いに等間隔で並べたりするので
「(りおが)恥ずかしい~、って言ってるよ」ってちょっとクスッてなったり(笑)。

rio-g039.jpg

今回は息子にコンコンと説明したので、動物霊園に行った時は、前回よりはマシでした。
今回もお骨上げを一緒にしたのだけど、最初は1つだけって言っていたのに、
「もっとやる」というので、あと何個かお骨上げをさせました。
息子も、少しは進歩したってことかな(笑)。

お寺で飼っている猫が待合室の広間にも来たので、
息子もここみくも反応して喜んでました(笑)。

rio-g032.jpg

rio-g030.jpg


りおは、私の父の田舎である鳥取に行った時に、拾った猫でした。
その時、生後1ケ月位。でも拾った日である8/14を誕生日にしています。
義両親が猫を探していたので、連絡して一応連れ帰ることに。
車で鳥取まで行っていたので、車で18時間かけて連れて戻りました。
(夏休みの時期で激混みでした。通常なら12時間程度の距離。)
結局、私たちが飼うことになって、18年経ちました。

rio071.jpg

りおは、またたびが効かない珍しい猫(笑)。
そして、猫らしいしなやかさがなく、体が硬めの子です(笑)。
ジャンプが苦手で、失敗して落下する事も(笑)。
まおはあまり鳴かなかったけれど、りおはめちゃくちゃ鳴く子で、
毎日うるさいくらいに「ニャーニャーニャーニャー」大きい声で鳴いていました。
特に一鳴き目は「ニャー」っていうより「ングルゥン ニャー」みたいな感じ(笑)。
呼ぶと返事するし、猫っていうより犬みたいでした(笑)。

性格はおとぼけな感じもあり、でも優しい性格なので犬たちとも穏やかに接してくれました。
カプカプされても本気でやり返す事はなく、相手してあげていて。
問題行動もほぼなく、手がかからない子でした。
息子が生まれてからも、赤ちゃんである息子にいたずらなどは一切しませんでした。
そういえば、本気の猫パンチは1度も見たことないかも(笑)。


きっと今頃、みお・まお・なおと合流しているはず。
4人で一緒だから、少しは寂しくないよね。

naorio-004.jpg

うちはいっぱい居たのに、ここ・みくだけになっちゃいました。
「○お」で名前を付けてきた↓の子たちはみんな居なくなっちゃった・・・。
でも、ここみくがいるからペットロスにならなくて済むと思います。
まぁ、しばらくは、思い出して泣いちゃうんだけどね・・・。

maoriomionao-2.jpg









モッコウバラ剪定

例年、初夏辺りにしている黄モッコウバラの剪定。
今年は早めに昨日やっちゃいました。
夕方から始めて、1時間半強で完了!

茶色くなってだいぶ散り始めています・・・。




さっぱりとバッサリと(笑)。アーチ丸見えです。(写真は今朝)



右手前のシマトネリコで隠れているけれど、アーチの右手側に残した枝があります。
毎年これくらいバッサリいっても、普通にモリモリと咲いてくれるので、
今年も咲いてくれると信じて・・・。

アーチの左には、種から育てたぶどう ピオーネを置いておきました。


剪定よりも大変なのは、剪定後の枝の始末。
気を付けて入れないと、枝がゴミ袋に刺さってしまうので面倒です・・・。
今回もゴミ袋3袋になりました。


ちなみに、夕方の剪定中、もう蚊が居ました・・・。
すごい刺された・・・。
しかも、チクッと刺したのがわかるからムカツク・・・。
刺すにしても、居たくないようにしてほしいわ(笑)。
これからまた半年間、虫除け&蚊取り線香を準備しないとです・・・。












* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

コメント & 拍手 、大歓迎です。 お気軽にどうぞ。


 
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

セダムの寄せ植え

玄関先にあったビオラもほぼなくなりました。

今度は夏のお花ではなく、代わりに、セダムの寄せ植えを作りました。
開花し始めたラベンダーなんかも並べて。




大きな多肉のセンペルビウム・ビトムというのをメインに、
レモータグラウコフィラム子持ち蓮華や、
その他庭にあったセダムを色々とむしりとって、適当に寄せてみました。
多肉の寄せ植えは最初からギュウギュウが見栄え良いのだろうけど、
手持ちも多くないし、季節的にドンドン増えていくのを期待してスカスカです(笑)。




こちらも替えました。
メインの大きなものはないけれど、こちらも4種類位は入れてあります。




お花だけじゃなく、たまにはこんなのもいいな。













* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

コメント & 拍手 、大歓迎です。 お気軽にどうぞ。


 
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

クレマチス ビューティー・オブ・ウォルチェスター開花

昨日、クレマチス ビューティー・オブ・ウォルチェスターが開花しました。
去年もそうだったのだけど、今年もなぜか最初の1・2輪は、一重に咲きました・・・。
リトルマーメイドと色違いな感じ(笑)。

g160505-01.jpg


そして今日は、他の何輪かも開花し始めています。
他のは元々の八重咲きのようです。
蕾が少し細長いタイプと、丸っこいタイプとあり、丸っこいのはちゃんと八重のようです。
蕾の時点で差が出ていたのかも。

g160506-01.jpg

g160506-02.jpg



隣の鉢のバラ ピエール・ド・ロンサール

g160505-02.jpg

g160505-03.jpg



玄関脇の日陰のバラ つるアイスバーグも1輪目が開花し始めました。

g160506-03.jpg



おとといはまた少し庭をいじって、置いている棚の配置換えをしたり、
オリーブの鉢をあっちこっちに移動したり。細々といじってました。

g160506-04.jpg


庭のライラック ミスキムはだいぶ花が開いてきて、近くを通るとフワッと良い香りがします♪

g160506-05.jpg












* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

コメント & 拍手 、大歓迎です。 お気軽にどうぞ。


 
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

ピエール咲き始め

バラ ピエール・ド・ロンサールが、咲き始めてきました。
桃のような可愛い色合いです。





今のところ、ハッキリ咲き始めているのは4つ。
まだ緑色の蕾は他にもいくつかあります。




一番最初の2つの蕾は、こんな顔をしていました。(上の写真はすでにカット後)
こんなの初めてで検索してみると、「ブルヘッド」っていう状態だそうで。
肥料の具合といくつかの要因でなるみたい。
今まで見たことも聞いたこともなかったのでビックリでした。




他のバラはまだ蕾だったり、蕾ができる直前くらいです。

手前の房になってるのはボニー
奥の方の赤っぽい1つずつの蕾はパレード




つるアイスバーグ
白いのが見えてきました。もうすぐ咲きそうです。





お庭の様子です。

手前のホスタ、大きく育ったので、今度時期になったら株分けしようと思います。




一番左手前の低木はライラック ミスキム
植えてから今年初めての花は少しずつ咲いてきています。
花が付いたのは3枝だけだったけど、数年越しなので嬉しい開花です。








小花がたくさん。




アーチの黄モッコウバラは、もう一部が茶色になり始めています。
早いなぁ・・・。この姿を見ていられるのもあと少しです。

















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

コメント & 拍手 、大歓迎です。 お気軽にどうぞ。


 
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

りお*腎不全&肝不全

りおの体調が最近悪くなってきていました。

最初の異変は、先週初め頃から、突然おしっこをトイレ以外の場所でするように。
2階に上がる階段の途中でしていたり、2階の部屋の真ん中でしていたり、
1階の洗面所のお風呂マットの上でしていたり。

そして、ここ数日で、足腰が少しフラついている感じになって、足が動かしずらそう。
体重もすごい軽くなってしまっている。

ごはんを食べていたり、水を飲んでいる時、そして寝転んでいるだけの時にも、
頻繁にむせるようになってきていました。

そして、昨日辺りから、息がアンモニア臭い感じ・・・。

もう18歳半だし、これは腎不全だろうと動物病院に連れていきました。


体重は、2.9Kg!すごい減ってる・・・。
若い頃、一番重い時はたぶん7Kg近かったりお。
3年前に5Kgを切ってきてて、軽くなってきていたけれど・・・。


血液検査をしてみると・・・、やっぱり腎不全&肝不全でした。



腎臓の数値を見るBUNがなんと、7140.0mg/dl!(猫の正常値13.1~29.5)
CRE 7.6mg/dl。(猫の正常値0.9~2.1)
肝臓の数値を見るGPT/ALT 261U/l。(猫の正常値11~50)


年齢やストレスも考えて、入院などはせずに、
シロップ飲み薬(1日2回・1回1ml)と、皮下輸液(1日1回・50ml)でやっていくことに。



皮下輸液、みおの時の数年と、まおの最後の数週間の時期以来。
まおよりは、りおは噛んだり引っかいたりっていうのは怖くないから(笑)、
まだやれそうだけど、10年ぶりだから、ちゃんとできるか不安・・・。
今日の分は診察台の上で教えてもらいながらやってみました。
明日からまた毎日、皮下輸液の生活です。

シロップ薬も誤嚥しないように気を付けて飲ませるので、こちらもドキドキです。
自分がやったことで誤嚥してしまうんじゃ悲しすぎるので・・・。


猫ごはんは美味しいから、犬たちが食べないように、
ペットゲートを付けているキッチン内で食べさせているのだけど、
具合がイマイチで、ゲートをジャンプするのも大変みたいなので、
寝転んでいるクッションの上にごはんをあげたら、ちゃんと1回分を食べられた。
思ったよりは、食欲もあるみたい。
少しでも体重が回復するように食べてもらわないと。


人間でいえば90歳。
18歳でも十分長生きだけれど。

10年前に、みおが死んだ5ケ月後に、まおが死んで。
なおが死んでからもうすぐ4ケ月。
また同じような状況に近くて、なんだか心配です・・・。

ごはんいっぱい食べて元気にならないと!






この2人は相変わらず元気いっぱいです!
毎日バトルをしたり、時には並んで寝ていたり(笑)。









Copyright © みゆき