ココロ*じかん

日向ぼっこタイム

冬は完全に日陰の我が家にも、ちょっと前から少しだけ、
リビングに陽が入る時間が増えてきました。
今は、昼前から昼過ぎまで陽が入ります。


陽の当たる場所はやっぱり には人気。
みんなそれぞれ暖まっています(笑)。

170203-01.jpg

170203-02.jpg

170128-01.jpg

170203-05.jpg

170203-03.jpg

170203-06.jpg

170131-01.jpg


ぷにぷにピンクの肉球♪

170126-01.jpg











最近のお庭

今日のお庭の様子です。




ビオトープでは、めだかたちも20匹弱、越冬中です。







今日は久しぶりに、多めに花苗を買ってきて植えました。
今年は秋に苗をほとんど買っていないまま冬を過ごしています。

いつも春に満開になった時に、1年草が派手すぎた・・・と思っちゃうので、
今日は、白~淡いパープル系メインで選んできました。
ストック・耐寒メラコイデス・ルピナス・ネモフィラ・ビオラ・アリッサムを購入。













↑ 蕾のクルクルが可愛い♪



✼ •• ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ •• ✼



少し前から咲き始めた宿根草たち。

今年も可愛い緑色の逆ハートのスノードロップ






クリスマスローズ・ニゲル




その他のクリスマスローズたちも蕾~咲き始めになりつつあります。




クロッカス













✼ •• ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ •• ✼

コメント & 拍手 大歓迎です。 お気軽にどうぞ。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ

小窓の猫脱走防止対策

2階の納戸部屋の、キャットタワー付近の3つの窓への脱走防止対策をしました。

最近少しずつ、暖かい日も出てきたので、
ここの窓を日中ずっと開けっ放しにしたい日も。
換気のために少しの間だけ開ける分にはいいけれど、ずっととなると心配なので、
本格的な春を前に対策をすることにしました。

↓ この3つの窓、真ん中は開かないタイプです。
ここから、のあ・るなはお外を見ています。

左右の2つの窓は、開閉できて、スライド式の網戸もあります。
もし何かの拍子に網戸が開けば、外(屋根)に出られてしまいます。

脱走対策を色々調べているうちに、うちと同じタイプの窓を対策しているブログを発見。
マネをさせてもらいました。






突っ張り棒は、ダイソーで1本200円でした。
太さも安い割には太めのものです。(耐荷重5Kgのもの)
いつもはニトリで買っていたので、安上がりでラッキーでした♪

窓に2本の突っ張り棒をして、100均のワイヤーメッシュを結束バンドで留めました。
ワイヤーメッシュ1枚は、それをペンチで半分の長さにカットしました。
半分は上のネットからぶら下げてドアに。
(1窓につき、全部で2枚のネットを使っています)
カラビナを鍵にしているので、開けられる心配もありません。



ここを上げると、窓の開閉ができます。



春・夏・秋はここを開けっ放しにして室内干しもするので、
これで心置きなく窓を開けられます。








るな*様子見せ&去勢手術の予約

るなを連れて、里親として譲って頂いた動物病院に行ってきました。

今、生後4ケ月半。
あと少しで去勢手術の時期なので、様子見せがてら診察に行き、予約もしてきました。

・去勢手術
・猫エイズ&猫白血病の検査
・マイクロチップの挿入

を、同時にしてもらう事に。
(去勢手術の日に、術前の基本的な健康診断・血液検査はあります)

だいたいの金額を教えてもらいました。
こちら出身の子は、去勢手術費用に関しては割引があるという事で、
思っていたよりお安く済みそうでとても助かります。

1泊入院で翌日退院、エリザベスカラーの装着ナシで、抜糸もナシとのこと!
抗生物質4日間の服用のみだそうです。
のあの時はどれもあったので、るなは随分ストレス少なく済みそうです。

るなのお口が、硫黄臭い気がするので相談したら、
猫カリシウイルスだろうということでした。
基本的な治療方法はないそうで、症状が強くなってきたら薬などで対処するとのこと。

今は、毎日元気いっぱい、モリモリと食べて、のあと遊んでいます。
これ以上の症状が出ないといいのだけど。


体重2.3Kg


会計は0円。
ちょっとした健診くらいだと、お会計なしなのです。再診料もなし。
前回初めての診察の時もそうでした。

会計時、受付の看護士さんが「○○ちゃんですよね?」って、
ここで保護されてお世話してもらっていた時の名前で声を掛けてくれました。
すごい小さくて、弱っている状態で保護されて、
この病院でミルクをあげたりして育ててもらっていたので、
「大きくなったね~!」って喜んでもらえました(笑)。

子猫の時はビックリ顔で目が大きかったので、今の顔立ちを見ていい意味で
「あれ?普通の猫らしい顔になってる」って言ってもらえました(笑)。
私もそう思います(笑)。
でもやっぱり、まおやのあと違って、ブチャかわ系だけどね(笑)。












Copyright © みゆき