ココロ*じかん

Home > 【こころみくのあるな】 > 動物病院記録 > なお*肝臓の数値改善

なお*肝臓の数値改善

土曜日になおの肝臓のお薬が飲み終わっていたので、
今日の午前中に、なおだけ連れて動物病院に行ってきました。

最近の様子を伝えて、血液検査。
今回は、肝臓に関する項目だけに絞って検査です。
体調や年のせいか血が出ずらかったようで、採血がしずらかったそうです。

結果まで少し時間がかかるとのことで、車の中で待っていたら、寝ちゃったなーさん。



検査の結果、肝臓の数値GPTが159!(正常値50以内/前回1000over)
CRP4.05。
白血球はまだ高めの28000。



CRPの数値から、まだ体内のどこかに炎症があるということだけど、
GPTが劇的に改善されつつあるので、肝臓が再生されつつあるということのよう。

もう14歳半で、慢性膵炎もあって、
こうして改善方向に向かっているというのは本当にびっくりの展開。
たぶん普通はここまで改善は望めないんだろうに、なーさんはなんと強いんだろう。
先生も「生きる気持ちが強いんだね」と。
今までも何度も危ない状況になったのに、その度に乗り切ってきたものの、
今回こそはさすがに、あまり改善は望めないだろうな・・・という思いもあったので・・・。

あと2週間、肝臓の薬を飲んで、飲み終わったらまた検査してみることに。
低血糖予防のはちみつ水を注射器で飲ませる時に、錠剤を先に口に入れて飲ませると、
はちみつ水は美味しいとわかったなーさんは、
一緒に飲み込んでくれて無理なく飲ませやすいので、その方法で今後飲ませることに。


狂犬病・フィラリア注射は、なーさんはしない方が良いという先生の判断で、
今後は、みくだけ狂犬病のワクチン、ここちん・みくだけフィラリアワクチンをすることに。
なーさんのフィラリア予防は今後、飲み薬(チュアブルタイプ)ですることに。


回復しつつあるなーさんだけど、ごはんはすっかり今までの「残渣ケア」の缶詰は
食べてくれないので、どうしたものか相談。
「残渣ケア」の内容と同じようなものをドライにした
「低分子プロテイン」のサンプルをいくつかもらった。
お湯でふやかしたり、手作りごはんを混ぜたりするといいとのこと。
これも食べなくなったら、食べる事を優先して、
完全手作りごはんにしてもいいと思うとの事でした。
フードを食べるのが栄養面では間違いないけれど、
いくら栄養があっても、食べない事にはどうしようもないので。

ここちんが食べていた手作りごはんを辞めて半年くらいだけど、
また今さら復活する事になろうとは…という感じ…。
でも、食べない事には元気も出ないので、
なーさんの様子を見ながら、ごはんを工夫していこうと思います。







Comments

post
2015-06-10 21:35 
なおちゃん頑張ってますね。
健気ななおちゃんに涙が出そうです。。。
肝臓の数値が良くなってちょっとだけ安心だけど、まだまだ不安は尽きないですね。
どうかご飯もいっぱい食べて、元気になってくれますように。
心配なことが多い中、みくちゃんの悪戯はちょっとした癒しになりますね。
2015-06-11 11:49  Re: タイトルなし
みゆき #2097
■ごまままさん

はい。なんとか復活しています。
まだ顔はショボショボだけど、食べられているからか、
元気自体は戻りつつあります。
今のところは良い方向に向かっているけれど、
年も年だし、状況も状況なので、なんだか先が読めないです・・・。

みく、バカでしょう・・・(笑)。
まぁ、こういう子が家にいると、少し気が抜けていいね(笑)。
Comment form
Copyright © みゆき