ココロ*じかん

まお2周忌

2008y04m05d_223158261.jpg

今日でまおが居なくなって丸2年です。
早いね。

みおと私が「一心同体」ならば、
まおは私にとって「空気のような存在」でした。

みおはいつも一緒に出掛けられるし、いつも抱っこ抱っこで
くっ付いて離れない子だったし、私のことを大好きといつも訴えていた子。

まおは猫だからいつも一緒に出掛けられたりはしなかったけれど、
22年弱も一緒にいたから、いつも傍にいて当たり前、
いつも存在していて当たり前でした。

まおは猫らしい猫で(りおが猫っぽくないので・笑)、
付かず離れずの距離を保ちつつ、私たち人間のことも大好きで、
いつもクールに見えるけれど実は甘えん坊な猫でした。

2年前、火葬に行く前に、近所の桜並木を通って、
散り始めた桜を見せてあげたことが思い出されます。
その時の気持ちを思い出すと、やっぱりウルウルッときてしまいます。

Comments

post
2008-04-10 22:51 
マホ #759
空気のような存在・・あーちゃんも同じだった。
まおちゃんと同じく、猫らしい猫で(笑)
距離をもちつつ、でも甘えん坊。
どんどん時間は過ぎていくね。
存在はまだ大きくても、小さな出来事を忘れていることもあって
悲しく思うこともある。。

5日、携帯メールしたんだけど・・届いてないよね?多分^^;
2008-04-11 17:02 
みゆき #760 [Edit]
■マホさん
だよね。
みんなそれぞれがとても大事なんだけど、
○○のような存在、って微妙にタイプが違ったり。
思い出って、ぜ~んぶ覚えていたいのに、
気持ちと反して少しずつ忘れてしまうんだよね。
そうじゃないと何十年も生きていけないからそれも知恵なんだろうけど、
忘れたくないことはずっと覚えていたいよね・・・。
Comment form
Copyright © みゆき