ココロ*じかん

Home > 【ガーデニング】 > 庭&玄関全般 > モッコウバラが咲き進む&DIYの相談

モッコウバラが咲き進む&DIYの相談

今日は午後から天気が大荒れになるとの予報なので、
快晴で気持ちの良い午前中に、モッコウバラの写真を撮りました。

眩しいくらいの快晴で写真もキラキラしてる。





2月くらいにはスカスカだったのに、
新緑でもう「面」になっていてすごいです。



おとといの雨の中、1房目が咲き始めてから、
もうたぶん、蕾全部のうち半分くらいは
咲き進んでいるのではないかな~という感じ。





2階のベランダからも撮ってみました。
まだ上からだとあまり黄色が見えないけれど、
満開になったらもう少し違うかな?
ベランダからの満開の様子をずっと楽しみにしていたのです♪




実はこのアーチ、グラグラです・・・。

もともと、998円でパイプ自体もそんなに強いものではないのです。
軽くて移動しやすいので、改造の時には良かったのだけど。
設置も、埋め込んだりせずに、フェンス(木製フェンスの外側のアルミフェンス)に
紐でくくり付けてあるだけという簡単設置。

新緑でモリモリの「面」になったアーチは風の影響を受けやすく、
今春の暴風の度にかなり傾いていました。

そのため、今回の花が散ったら、改善をしようと色々と考えています。

アーチの下に置いているベンチが幅120cmあるので、
これが置けるサイズのアーチやパーゴラを探すも、なかなか無い・・・。
もっと狭いのなら、いくらでもお手頃価格であるのだけど。
でもベンチの置き場所をまた変更したくないので・・・。

そこでちょっと思いついたのが、小さな小屋風のもの。
シェッドっていうの?バス停?
我が家は物置がないので、スコップやクワ、支柱などは、
通路にただ置いてあるだけ。
他の方のブログで、小屋兼物置にもなる小さめのものをDIYされているのを見て、
これっていいかも!って思ってしまい・・・(笑)。
どうせ固定して作るなら、アーチじゃなくてもいいのだし。
小屋の屋根に、モッコウバラを誘引してもいいんじゃない?なんて。
道具も片付くし、見た目も良いし、一石二鳥!

んが、いかんせん、作り方がわからない・・・。
材料費がどのくらいになるのかも不安。
そもそも、私1人でそんなことできるのか?!
こういうのを作るには、どんなものを参考にして作り方を覚えればいいんでしょう?
色々と検索しているのだけど、初心者でも参考になるようなものが
なかなかヒットせずに、頭の中で考えているところで止まってしまいます・・・。

どなたか、「こうやって作るのよ~」「○○円くらいかかった」
「このサイト・本が参考になるよ」などなど、
優しいアドバイス頂けないでしょうか?





w-line4.gif

 ぜひお気軽にコメント&拍手をしてください。大歓迎です♪

w-line4.gif

 参加しています

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ    にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ

Comments

post
2013-05-08 15:05  小屋作り
nono #1305 [Edit]
この記事読みはぐってたみたいです。
うちも何も分からずにバス停を作りました。
どうやって作ればいいかわからなかったので、
パーゴラ風に柱を建てて、屋根を乗せればいいやみたいな感じでした。
今思うとかなりなムチャぶりなんですが、
バス停部分からゲートまでつなげることで、転倒防止になって
今までぐらついたことはありませんでした。
小屋やバス停は壁部分があるので、どうしても風の影響を受けやすいです。
そこのところを注意すれば、みゆきさんもできると思うんですけど。
あとは市販の小屋セットみたいなものを使うのもいいかも。
ジョイフル本田にはいろんなサイズの小屋キッドがありますので、参考にもなるので見に行ってみたらいいかも。
ジョイフル 千葉ニュータウン店がお勧めです。
もちろん、私でわかることでしたらなんでも聞いてくださいネ♪
2013-05-08 22:40  Re: 小屋作り
みゆき #1307
■nonoさん

nonoさんに小屋のお話しのアドバイス頂けるなんて、心強いです!
小屋作りの記事も何度も読んでいるけれど、
何もわからず作ったとはとても思えません。

作りたいのは、バス停のように扉とかなく、
パーゴラも兼ねている小屋なんです。

ジョイフル千葉NT店には時々行くんですけど、そんなキットもあるんですね。
ネットで調べてもキットも30万とかするのばかりで無理だと思ってました。

オープンガーデンの時、ぜひバス停についても色々とお話しさせてください!
もしかすると、その前にメールで質問とかしちゃうかも?!
その時はお許しください~。
Comment form
Copyright © みゆき