ココロ*じかん

Home > 【こころみくのあるな】 > 動物病院記録 > なおの体調悪化 糖尿病の疑い

なおの体調悪化 糖尿病の疑い

昨夜寝てから、なおがずっと吐いていて、
夜の間ずっと、水をガブガブ飲んでいました。

朝起きてからは嘔吐はないものの、水は相変わらずガブ飲み。
元気が無く、9時頃には横になって寝ていたのを声を掛けたけど、
一瞬すぐには目を開けず、反応が鈍い・・・。
何回か「なーさん」と声を掛けてさすったら目を開けた。
でも、いつもなら飛び起きるのにそれがなく、起きる気がない感じ・・・。
これはもしかすると、昨夏のようにヤバイかも・・・とドキドキしながら、
動物病院に電話をしました。
今日は休診日だけど、当番の先生が居るのです。
診てもらえるという事で、すぐに支度をして行って来ました。
電話する時、ちゃんと自分で歩いて移動していたし、
出掛ける直前にはワンワンと吠えてもいたけれど。


体温が37度と、平熱(38~39度)よりもだいぶ低め。
低いのは逆に良くないとのこと。

嘔吐が続くと脱水症状で水をガブ飲みするということでした。
皮下輸液をして一旦帰って様子を見るか、
血液検査と血管からの輸液をして入院するか、で考えて、
どう考えても具合が悪いから、血液検査で原因を調べたいので、
ひとまず預けて検査&輸液をしてもらう事にしました。
血液検査の結果がそこまで悪くなければ、夕方退院できるかもしれないし。

お昼に病院から電話があり、血液検査の結果を大まかに聞きました。
その後、夕方にも直に行って、検査結果を見ながら説明をしてもらいました。


【血液検査】

140404-02.jpg

 のものが、今回特に注意するところ。(カッコ内は正常値)
----------------------------------------
GLU(血糖値) 427 mg/dl (50~124)
WBC(白血球数) 49,200 個/μl (6,000~15,000)
CRP(C反応性蛋白) 0.10 mg/dl (0~0.6)
----------------------------------------


この結果からすると、一番疑われるのは「糖尿病」。
白血球がすごく高くなっているのは、体内に炎症が起きていて戦っているからだそう。
でも、炎症反応であるCRPがまだ正常値なのだけど、
今後上昇してくる可能性もありそうだ、と。

糖尿病に関しての精密な血液検査を外部の検査機関に依頼をして
糖化アルブミン の数値を見て、糖尿病か判断するとの事。
(糖尿病でしばらく経っているとすると、糖化アルブミンの数値が出るらしい。
一時的な原因での上昇なら出ないそう。)


そして、
 のものが、気になるもののまだ様子見のところ。(カッコ内は正常値)
----------------------------------------
GPT 201 U/l (13~53)
ALP 3,500 U/l over (~142)
----------------------------------------

肝臓に関する数値が少し高めだけど、
嘔吐などの体内のストレスで一時的に上がる事もあるということなので、
こちらは様子見で、あとで参考にするそう。
ALPが数値を振り切っているのが、正直気になるところだけど・・・。


お話しを聞いてから、なおに面会しました。

140404-01.jpg

先に息子が入って行くから、なおには息子が一番最初に目に入るのだけど、
じっと伏せて寝ているところに突然来るもんだから、
「あれ?あれ?」みたいな感じで一瞬キョトンとしてて(笑)。
私も声を掛けると「あ!」と思うみたいで、立ち上がって「ヒュンヒュン」言いだすの。
帰りたいんだよねぇ・・・。
しばらく撫でていたけれど、点滴とエリザベスカラーをしているからか、
段々と後ろに下がって行っちゃって(笑)。
その後は呼んでもこっちに来ないので、また置いていかれるって理解しちゃったかな。

面会のゲージのある部屋に行く時、先生がその部屋のドアを開けてから、
電気を付けていたので、たぶん部屋の中は真っ暗なんだなぁ・・・。
しかも、昨夏の入院の時は、ペットホテル利用の子とか何匹かいたけれど、
今回はなおだけがお泊りのよう・・・。余計に寂しそうだなぁ・・・。
四六時中一緒に居るから、寂しそうで可哀想・・・。


また明日の夕方に、面会に来て、
その時に血液検査の結果も含めてお話しをすることになります。


体重 3.15Kg   また減ってる・・・。




Comments

post
Comment form
Copyright © みゆき