ココロ*じかん

なおこころ 薬変更

14日(土)に薬を変更(抗生剤・気管支拡張剤・鎮咳剤)してから、
翌週21日(土)にまた、動物病院に電話で経過報告をして、
その後、同じ薬をもう1週分追加でもらってきて飲ませていました。

この薬になってから少しマシになったと思っていたけれど、
なおここ2人とも、あまり様子が変わらず平行線で・・・。

なおは、寝ている間は咳が出なかったり、起きていても咳がない時間ももちろんあるけれど、
寝転んでいても「ガーガー」と気管の大きめの音がしたり、ツラそうな事も多くて。
特になおは、また少し初期の咳に戻ってきた感じで、かなり咳き込む事も。
水を飲んでも吐いてしまったり。

ここちんも相変わらず、咳き込むことが多くて。

なおはそれでも少し前から、普段食べている療法食の「残渣ケア」の缶詰を
普段の半分弱だけど、気が向いた時に食べるようになりました。
「残渣ケア」のカリカリも食べられるようになってきたし、食欲は少し戻ってるのでこれは良い所です。
でもやっぱり、体重は3.2Kgと減っています。(ハーネス着けてるからもう少し少ないはず)
肩甲骨の辺りも骨が触れるので、結構痩せてきている感じです。

なおは年だし、長引くのは仕方がないかな・・・とも思うのだけど(それでも長いけど)、
ここちんは7歳になったとはいえ、まだ健康で免疫力もあるであろう体なのに、
ここまで2人揃って長引いているのはどうしてなのか・・・。
(なおは6/1(日)から ここちんは6/6(金)から)


昨日、動物病院に行って来ました。
今回は、みくは連れて行きませんでした。
初の1人でのお留守番です。(正確には2階にりおがいるけれど・笑)

病院ではこれまでの様子をまた伝えて、2人とも薬を別の物に変えてみる事になりました。
なおは、シロップ薬1種(鎮咳剤?)+粉薬2種(抗生剤と気管支拡張剤?)
ここは、粉薬2種(抗生剤と気管支拡張剤?)

ステロイドを使うと効くそうなのだけど、慢性膵炎のなおにはそれは命に関わってしまう・・・。

1週間今回の新しい薬を続けて改善されないようだと、
ここちんの長引き具合を考えても、気管支を精密検査した方がいいかも、との事でした。
大学病院等を紹介してくれるので、検査で原因を探るのが良いとの事。
(個人の動物病院では検査できないそう)

ネブライザーという薬を吸入する方法もあるそうだけど、
ステロイドも使用するので、やはりなおには命取りになるのでできないそうで・・・。


状況的に見て、みくから移ったケンネルコフだと思うけれど、
こじらせてヒドイ気管支炎みたいになっちゃってるのかなぁ・・・。
さすがに長引き過ぎていて、私も精神的にも経済的にも大変になって来ているので、
少しでも早く完治して欲しいものです・・・。
なおここもツライのからいい加減、解放されたいよね・・・。










w-line4.gif

 ぜひお気軽にコメント&拍手をしてください。大歓迎です♪

w-line4.gif

 参加しています

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ    にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

Comments

post
Comment form
Copyright © みゆき