ココロ*じかん

Home > 【こころみくのあるな】 > 動物病院記録 > なおここの今後の方針

なおここの今後の方針

おととい、動物病院に行って来ました。
今回も、なおここだけ連れて行って、みくにはお留守番しててもらいました。

140702-04.jpg

なおここは、相変わらず停滞した状態のままです。
1日中咳をしている程ではないので、ピークは過ぎているのだけど、
時々咳き込んだり、なおなんかは、
呼吸と一緒にガーガーした音をしている時もあったり。

1週間前にもらった変更した薬も、効いていると思えるほどの変化もなく・・・。
効いていないのであれば、今のままでは、飲んでいても飲んでいなくても同じ事。

このまま、ズルズルと薬ばかり飲んでいても仕方ないし、
いくつか先生からの提案を受けてお話ししました。

結果的には、1週間、咳止め(1日2回・1回4滴)だけを続けて、
抗生剤・気管支拡張剤は止めてみる。
そして、どんな状態か様子見。
ひとまず、もう1コ追加で咳止めのお薬をもらいました。

先生としては、薬を止めた事でどう変化するか、
薬を止めても同じなら効いていなかったという事だし、
悪化すれば、少しは効いていたとも考えられるし。

状態がよくないようであれば、ネブライザーを吸入させる事に。
本格的な吸引機器は2~3万円とかするので、
簡単な、ペットボトル加湿器(2,000円台から買える)を使ってやることに。
ゲージをビニールで覆って、その中に加湿器と犬を入れて15分、とのこと。
(この季節なので、熱中症に気を付けて)
ネブライザーの薬にもステロイドが入っているという話しだったけれど、
入れないで薬を用意してくれるそう。

それでも改善されない場合は、東大病院に日帰りで検査をしに行ったほうがいいとのことでした。
なおここもシニアだし、犬種的に気管が弱いほうだし、
ケンネルコフをきっかけにして、気管に何かトラブルを起こしてしまっている可能性があるので、
専門的に原因をはっきりと探ってもらったほうが、今後先生としても方針が立てやすいという事でした。

予約も、先生のほうで取ってくれるし、今までの治療経過や投薬記録等、
全て付けて紹介状を書いてもらえるそう。

東大病院と聞くと、検査費用も高そう・・・とビビッていたけれど、
都内近辺で専門的に診てもらえる病院では、良心的な費用だという事でした。
それでも、2~5万円位はみておいたほうが良いそう。
でも他の民間の病院では、倍くらいかかるという話しでした。

先生としては、たぶん普通の気管の部分が原因というよりは、
血管のようになっている気管の部分が肺にまで伸びているそうで、
たぶんそこが原因なんじゃないか、という事でした。


さて、どうなることやら・・・。


ついでに、みくの避妊手術の予約もしてきました。
生後6ヶ月になってから、8月下旬には手術する予定です。
なおは去勢手術していないので、みくの初ヒートが来る前に済ませないとね。







w-line4.gif

 ぜひお気軽にコメント&拍手をしてください。大歓迎です♪

w-line4.gif

 参加しています

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ    にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

Comments

post
Comment form
Copyright © みゆき